Aki&Yumiの突撃レポート/チルドレンズミュージアムNo.1

毎日寒いですね~~。寒いとこたつから出られな~い・・(>_<”)
でも子供たちはとっても元気。どこか遊びに行こ~と言われた時に近くにいいところがあるんです。いろいろな体験もできちゃう「チルドレンズミュージアム」に突撃で~す。

篠山市にあるチルドレンミュージアムですが、天引トンネルが開通してからは、う~んと近くなったような気がします。運転の苦手なAkiもここは大丈夫v(’-^)bぶいっ♪
園部から車でだいたい安全運転で20~30分くらいです。
以前もAki&Yumi&子供たちでピザ作りを体験したり、子ども会で行ったりしていますが、何度行ってもいろんな発見がある楽しいところなんです。
しかも!!この寒い時期館内は暖房完備。あったかいところでのんびりと遊べるのです。
今回はAkiとYumiの子供たち、あとお友達を連れての突撃!です。

▲ちるみゅーにやってきたよ

まず第1回目はチルドレンズミュージアム「通称:ちるみゅー」の館内の施設についてです。
学校統合で閉鎖された中学校を活用されてつくられたちるみゅーは子供たちにうれしい施設がいっぱい(*^-^)ニコ
全部紹介してしまうと楽しみも半減してしまうかもなので、一部を紹介します。

まずは受付を済ませると魔法の庭があります。
寒くても平気!外で遊びたいという元気いっぱいの子供には巨大なしゃぼんだまをつくって遊びましょう。行った日は小雪が舞い散る寒い日だったにもかかわらず、子供たちはしゃぼんだまづくりに熱中・・・風がきつくてすぐこわれてしまうけど、びょ~んと細長いしゃぼんだまができて面白そう(^.^) 

▲大きなしゃぼんだまが・・

寒がりのAkiはみんなを連れて中に・・・
今日はワークショップを予約していたので、ワークショップ棟へ。
いろいろな体験ができるのが「ワークショップ」といわれるものだが、詳細は次回においておいて・・・
ワークショップ棟にはワークショップスペースのほかに絵本の部屋、ひみつボックスなどがあります。ここだけで一日すごせてしまうのでは?というくらいのたくさんの絵本。パソコンで遊べることもできます。
ひみつボックスは貸し出し式になっていて、おもちゃのはいっているボックスをひとつずつ借りることができる。中には、ブロックやゲームなどなど・・ちょっと懐かしいおもちゃなんかもあります。貸し出しのところにやさしいおじさん方がいらっしゃるので、どんなふうに遊ぶかわからないときは聞いてみるといいですね。

▲絵本の部屋
▲パソコンも置いてあります
▲ひみつボックス
▲ボックスの中身の一例 お弁当をつくってみよう

次は子供グラフィティ棟へ。ここでも楽しい遊びスペースがいっぱい。見るだけの展示ではなく、実際に着替えたり、さわってみたり、体験できるところが教室ごとにあります。
子供たちは「世界の10才」で民族衣装にお着替え。どうです??かわいいでしょ~
行ったこともない国だけど、衣装を身に着けることでちょっと気分がでますね。
ほかにもバレリーナや野球選手の気分を味わうこともできますよ。

▲ベトナムの花モン族になってみました
▲お姉ちゃん達はオランダの衣装だよ

「わくわくグラフィティ」では日本各地の昔から今までの給食の展示が壁に飾ってあったりします。自分たちの給食とはどう違うかな?
食わず嫌い神社があって、Akiの子供は嫌いな牛乳が好きになりますように・・牛乳のスタンプを押していました。ほかにもしいたけやにんじんのスタンプが置いてあり、絵馬のように用紙に書き込んでお願いしてあります。みんなやっぱり嫌いなものあるんだ~
Akiも小さいころは好き嫌いいっぱいあったなあ・・今は何でも食べられます。

▲わくわくグラフィティ
▲どんなお願い事を?

なんといってもお気に入りは「くるくるグラフィティ」。
次女とYumiの次女ちゃんはほとんどをここですごしていましたσ(^_^;)
いろいろなおもちゃが回転寿司のようにぐるぐる回っていて、なつかしのおもちゃもたくさん回ってます。おもちゃと一緒に塗り絵やゲームなどの用紙もたくさん回っていて、今の時期ならおひなさまが簡単につくれる用紙もありました。とにかく種類がすごいです。
えんぴつやはさみ、のりなんかも完備されています。

▲くるくるグラフィティ
▲何をつくっているのかなあ・・・次女×2
▲こんなのがつくれます
▲Aki&Yumiたちが生まれた昭和40年代のおもちゃの引き出し
▲持っていたおもちゃあります?
▲神社の壁には給食の展示がいっぱい

そしてレストランショップには駄菓子やおもちゃ、話題の絵本なども購入できます。
「100円ずつ買い物しよ~」と決めると、かごのなかに小さなお菓子を考えながら入れていきます。10円からあるので、けっこうみんな買っていました。Yumiの次女ちゃんはおねえちゃんが発熱で来れなかったためお土産にとおねえちゃんの好きなお菓子を買っていました。なんという姉妹愛(T^T)
レストランではうどんやカレーおにぎりなどなど、とってもうれしい価格であります。
食事までこの施設内で済ませられるから楽チンですよね。お弁当持参の方には体育館だった体験シアター棟を休憩スペースに開放されているので、利用されてはいかがでしょう?
いいお天気なら外で食べるのも気持ち良いですね。

▲カウンターで注文すると名前で呼んでもらえますよ
▲ミュージアムショップには駄菓子がいっぱい
▲よく遊んだ後はおいしいね
▲休憩スペース
▲団体のワークスペースにもなる体験シアター棟

どうでしょう??行ってみたくなりませんか??
ぜひぜひ遊びに行ってみてください。園部にもこんなところあったらいいのになあ・・
実はAkiが通っていた小学校も平屋で三棟つづき。とっても似ているのです。なので、行くとすごく懐かしい気分になります。

というわけで、次回の突撃はちるみゅー続編。いろんな「つくる」ができる「ワークショップ」についての特集です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

京都府南丹市(旧船井郡)園部町の地域情報サイトです。園部町に移り住んで6年の「ピコッツ」改め「ぴこぞう」が、その常識知らず、怖いもの知らず、楽天的な性格をもって、集めた園部の情報を勝手気ままに発信しています。2006年1月大幅リニュ後は、ゆっくりマイペースに歩んで行きます! ※2009年より情報の発信は南丹倶楽部で行います!

最近の記事

  1. 2009年より情報の掲載は南丹倶楽部へ移行しています。

  2. サイトリニューアルに際して

  3. 2008年7月24日 臨時の掲載 「2008 南丹そのべ夏まつり」です。

TOP