ここは「Aki&Yumiの突撃レポート/ビートフェスティバル」のページです。


▲ふれあい太鼓リハーサル風景

▲プログラムにあわせて転換のリハも

▲前日太鼓のセッティングは入念に相談されました

▲小桜太鼓

▲ふれあい太鼓

▲ゲストの西加舎子ども太鼓
秋晴れの10月17日(日)午後1時半より園部中央公民館において「第4回SONOBE BEAT FESTIVAL」が開催されました。
前回の突撃で土曜支援事業のひとつである「ふれあい太鼓」を取材しましたが、いよいよ目標としていた本番の模様を前日のリハーサル・準備を含めて突撃してきました。

今回でビートフェスティバルも4回目を迎えます。
園部の小学校はじめ各団体が日頃の成果を発揮する場として、日々練習を積んでこられたと思うのですが、今回は運営する側も「実行委員会」が何度も開かれ、ただ参加するだけではなく、各団体の意見を反映されるようなフェスティバルをと、今まで取り組んでこられました。
実行委員会は教育委員会や関係団体、参加団体などで構成されています。Akiも途中からですが、実行委員会に参加することができました。
各団体からの活発な意見・意向が集まる中、時には激論、時には爆笑・・と、とてもいい感じで成功に向けてみなさんが取り組んでおられるのが感じられました。
もちろんAkiも何かお手伝いをと思い、このサイトで特別にページをつくってもらい、お知らせなどをしていたのですが・・・(見ていただきましたか??)
みなさん好意的に協力していただいたので、とても感謝しています。<(_ _)>

フェスティバル前日(16日)は準備ならびにリハーサルがありました。
小学校で参加したのは「ふれあい太鼓」だけでしたが、各団体の力強い太鼓の響きはリハーサルとはいえビンビン伝わってきて、本番が本当に楽しみでした。
太鼓の数やセッティングは各団体によってまちまちなので、本番の少ない時間に転換をしなければならないため、本番同様プログラム順に関係者の方で転換リハも行われました。
太鼓といっても大きさも、音の高低などもあるため、配置も大変気を配っておられました。
各団体によってテープの色をかえ印を舞台につけていったり、太鼓に印をつけたりと準備のみなさん本当にご苦労様でした。

いよいよ当日。秋晴れのとても気持ちいい中央公民館の中で発表するにはもったいないくらいの天気です。会場にはたくさんの人が来られ、熱気ムンムンです。
前列の席には色とりどりのハッピやハチマキなどを身にまとった、出演者たちがいました。
みんな自分たちの出番にむけて、ソワソワ、ドキドキ、ワクワク・・・

舞台には各団体の旗が飾られています。自分たちで考えたてづくりの旗です。
各団体によって、カラーもちがってみているだけですごく楽しいものでした。
実はAkiも旗作り頑張ったのですよぉ〜
最近入れていただいた「小桜太鼓」の旗はもちろん桜をちりばめたデザイン。
連日夜集まってああだこうだといいながら、旗作りをしました。
みんなで「文化祭みたいやなあ」といいながらつくったのですが、Tさんの協力もあって
とってもいい旗ができたと思ってます。
他の団体もすご〜く素敵でしたよ。(*^^)

いよいよ園部第二小学校からの演奏がはじまりました。
ひとつひとつの感想を書きたいのですが、かなりの量になってしまうので、これはまた機会があれば特別ページにて・・・ということにして、各団体気迫のこもった太鼓の響きで、館内はなんともいえない雰囲気に包まれていました。
「ふれあい太鼓」もヒヤヒヤしながら、見守っていましたが、今までで一番の演奏でした。
子どもたちの晴れ晴れとした姿をみて思わずウルウルしてしまいました。

Akiはというと、初舞台で緊張して顔がひきつりまくり(^^ゞ
子どもたちには「にこにこして〜」と言っていたのに・・・・
これから頑張って練習しよっと。

各団体の演奏の後、ゲストの「西加舎子ども太鼓」の演奏がありました。
数々の舞台をこなされているだけあって、みなさん自信にみちあふれている顔で、すばらしい演奏でした。「西加舎子ども太鼓」の詳細などは特別ページに詳しく紹介しています。

まだまだ書きたいこともあるのですが、おいおい特別ページに書いていくことにして。
出演されたみなさん、準備や裏方のみなさん、そしてご指導いただいた木村先生はじめ諸先生方ほんとうにお疲れ様でした。ありがとうございました。

次回もまた新しいSONOBE BEAT FESTIVALが盛大に執り行われることを、期待してこれからも携わっていけばと思っています。
また関係団体のみなさまご協力よろしくお願いします。

追伸:17日には他にも園部で秋祭りなどいろいろな行事がありました。
突撃でも取材した「爽龍隊」は秋祭りで神輿巡行の先導をつとめられました。
Yumiはもちろん一緒に踊っていましたよ〜。(その後亀岡の文化祭にも出演)

▲ページトップに戻る