ここは「Aki&Yumiの突撃レポート/チャリティーイベント」のページです。


▲チャリティーイベント

▲チャリティーイベント

▲チャリティーイベント

▲京都丹波よさこい連

▲みなさんとても楽しそう

▲京都八木よさこい

▲さすが先輩方!

▲温泉に来られた方も足を止めて・・

▲寒い中見てくださった方に感謝です

▲神戸から来てくださった北斗組

▲力強い演舞です

▲北斗組の演舞に爽龍隊のうっとり

▲園部舞組爽龍隊
今回は、Yumi&Akiの活動中の、園部舞組 爽龍隊が台風23号被災者義援金チャリティーイベントを企画し、開催しましたので、その模様を、報告しま〜す。

このイベントは、10月に京都府北部で多くの被害が出た、台風23号で被災された方達に、少しでもお役に立てる事ができたら・・。と、爽龍隊今井隊長の発案のもと、11月14日、園部町瑠璃渓温泉にて、開催する事が決まりました。

爽龍隊企画のイベント自体始めてのうえ、近隣のよさこいチームの方々にも、声かけして一緒にイベント参加をお願いすると言う事で、成功する事を祈って、打ち合わせが続きました。

園部町お隣の丹波町の京都丹波よさこい連さん、同じくお隣の八木町の京都八木よさこいさん、爽龍隊ホームページで、チャリティーの告知をしたところ、「ぜひ、協力させてください」と、言ってくださりお願いする事になりました、神戸の北斗組さん、そして、爽龍隊の4チームのよさこい演舞。よさこい以外では、亀岡三ツ辻太鼓さん、Chaff Bandさんにも、ご協力いただけることになりました。
瑠璃渓温泉のスタッフの方々も快く、会場を提供して下さいました。
みなさんの、あたたかい気持ちが本当にうれしかったです。

そして、迎えました14日チャリティー当日・・。瑠璃渓は、ちょうどこの頃、山々の紅葉もきれいで
少し肌寒く感じましたが、行楽日和でした。温泉に、来られたお客さんが、一人でも多くイベントを見てくださって、チャリティーに協力していただけたら・・・。みんな、そう願ってイベントが始まりました。2部形式のプログラムになっていて、1部・2部で、各よさこいチーム2曲の演舞があり、1部が終わった後に、太鼓・バンド演奏に、なっています。

爽龍隊メンバーのママ2人の司会進行で始まり、今井隊長の挨拶・リーダー挨拶・そして、最初のチームの演舞が始まりました。

トップバッターは、京都丹波よさこい連さんです、女性リーダーの大きな掛け声で始まり、ちいさな子供さんから大人の方の、とても気合いの入った情熱を感じられる、演舞でした。
温泉のレストランからもたくさんのお客さんが、覗いてみてくださっていましたよ。

そして、2番目の演舞は、京都八木よさこいさんです。このイベント以外にも出演があるという事で、10数人の方の演舞でした。皆さんのにこやかな笑顔が素敵で、見ている観客の方たちからも、あたたかい手拍子がわいていました。

3番手は、爽龍隊です。今回は大人のメンバーはスタッフにまわりましたので、演舞は子供達だけになりました。大人のパートの部分も、子供達で踊ります。チャリティーが決まって1回だけの練習しかなかったのですが、みんなしっかり元気に踊ることができました。さすが、本番に強い我が爽龍隊の子供達・・。

よさこい演舞ラストは、北斗組さんの演舞です。北斗組は中高生のメンバー中心となって、若さあふれる、迫力と気迫あふれんばかりの演舞で、お客さんやわたしたちもうっとり見ていました。爽龍隊の子供達が、中高生になるのが、なんかとっても楽しみに思えました。

よさこい演舞の後は、三ツ辻太鼓の子供さんたち6人の、桶太鼓です。みんな女の子達なのですが、とても大きく、重そうな太鼓を肩からかけて、叩いている姿が、とってもかっこいいんです。

そして、Chaff Bandさんのバンド演奏です。なんとこのバンドは、爽龍隊隊長の今井さんが学生の頃に結成されたそうで、このイベントの為に久しぶりの演奏という事でした。4人の方達が、ギターを弾きボーカルの方に合わせ、コーラスが入り、なんか、4人版アリスみたいでしたよ・・。(ちょっとたとえが古い?)(^^ゞ
歌声も、瑠璃渓の山々に響いていました。

そして、プログラムラストは出演者約100人による、総踊り「よっちょれ」で締めくくりました。
みんな、楽しんで踊りました。

温泉に来られた多くのお客さん達が、玄関前に設置された、募金箱に募金していただきました。
(入られる前と、帰り際に募金していただいた方も・・・・。)
皆さんのあたたかいご協力により97,847円の募金が集まりました。

今回、快く参加していただいた、京都丹波よさこい連・京都八木よさこい・神戸北斗組・三ツ辻太鼓・Chaff Bandの皆さん、場所提供していただいた、瑠璃渓温泉スタッフの皆さん、そして、募金していただいた皆様、本当にありがとうございました。

爽龍隊のみんなもお疲れ様でした。

きっと、皆さんのあたたかい気持ちは、被災者の方たちに届く事と思います。
そして、1日も早い復興を願っています。

▲ページトップに戻る