ここは「Aki&Yumiの突撃レポート/札幌の巻(後編)」のページです。


▲楽空間しのろ会場で・・・

▲「五穀豊穣 〜祝いの舞〜」笑顔が素敵です

▲会場で。風になびく旗がとても目立ちます。

▲今村組「大河」メンバーみんなが輝いています

▲今にも画面から飛び出してきそうな迫力!

▲いつか私も今村組のお姉さまたちのようになりたいです・・・

▲激写!原田龍二さんにかけよるYumi母(^^ゞ

▲ススキの会場でメンバーのRくん。頭に「大河」の文字
突撃レポート!!札幌の巻・・後編  (ちょっと小樽と、よさこいソーラン「今村組」おっかけ編)

突撃レポート!!愛読者の皆様、yumiファミリーの(はちゃめちゃ)札幌の旅・・前編はいかがでしたでしょうか?後編も、何か面白い事が起こります。乞うご期待!!

前日のソーランナイトで興奮してyumiは、その夜あんまり熟睡できませんでした。
(目をつぶっても、いろんな人達が次から次へと、踊りだすのです。)
12日は、早く起きて、朝食をとってから、S(だんな様)&R(上の娘)&yumiの3人で、篠路ホーマック会場(札幌から、バスで30分位の所)で行われるよさこいを見に行きました。
わざわざ、この会場へ来た訳は、「楽空間」&「今村組」の演舞が見ることができるから・・。
10時開演で、各チームの演舞がはじまりました。会場といっても、ホームセンターの駐車場で、ステージがあるわけでもなく、観客はシートに座ってみるんです。ですから、目の前で踊り子さんの迫力のある踊りが見ることが出来て、とってもよかったです。

さぁ、待ちに待った、「楽空間」&「今村組」の順番が来ました。先に「楽空間」の演舞です。
「楽空間」は、小さい子供さんや学生さんや大人の方の幅広いメンバーで、とってもアットホームで皆さん元気いっぱい、めちゃくちゃノリのいい、チームです。
そして今回の踊りは『五穀豊穣〜祝いの舞〜』という曲で、古(いにしえ)より神に自然に大いなる感謝の気持ちを込めて踊り舞う。と言う深い意味のある、「楽空間」メンバーの丹波の魂のこもった、すばらしい演舞でした。
近くのよさこいチームの方たちが、こんなに遠い北海道で地元のチームの方と一緒の舞台にたてるなんて、うらやましいというより、尊敬やあこがれの気持ちでいっぱいです。
そして、われら「爽龍隊」の隊長であります今井さんが、「楽空間」の旗持ちとして、出演されたんですよ。風がきつくて 大変そうでしたがかっこよかったです。
そしてお次は「今村組」の番です。前日の衣装ところっとかわって、女の子は西陣織で、かわいくて大胆な衣装になっていました。そして今村先生の、関西弁の掛け声で始まった『大河』は豪快&派手&切れのあるダイナミックな踊り、まさに、「今村組」らしい踊りで、ファンにはたまらないものでした。演舞の後、興奮してじっとしていられないyumiファミリーは、次の会場に向かわれる今村先生たちに声をかけて、お話をさせていただきました。
強風と音響の悪さで、いまいちのコンディションだったそうですが、見ていた私たちにそんな事感じさせないくらいすばらしいものでした。
そして私たちは、札幌駅へ戻りました。

ちょっこっと、小樽観光へ・・
朝から別行動だった、yumi母& T(下の娘)と札幌駅で合流し電車で、小樽へ行きました。
Yumi 自身は札幌に残って、よさこい三昧がよかったのですが、せっかく北海道に来たのだから、ちょっとは観光したい!!と、みんなに言われ、小樽観光となったのです。下調べもせずにやってきましたが、駅でパンフレットをもらいとりあえず、観光スポットになっている、運河の方へ行く事にしました。赤レンガの倉庫が立ち並び、写真やTVで見たことのある光景に感激しました。
その運河で、yumi 母の友達4人と合流し、団体で記念撮影を撮ろうとした、その時、向こうの方から、撮影隊がやってきました。遠くでしたが、濃い顔立ちとふいんきで、ルー大柴さんだとすぐ気がつきました。そして、その横で一緒にあるいてこちらへ近づいてくるもう一人の男性は、なんと、以前突撃レポート!!第8弾で紹介した原田龍二さんではありませんか・・・。
あれから、2ヶ月しか経ってないのに、しかもこんな所でまた、会うなんてすごいなぁ。なんて思っている私の横で、「運命やわ!!」と、ぼそっ。っと言ったかと思うと「原田さぁ〜ん!!」「私やんか〜。覚えてるぅ〜?」と、その辺一帯に響き渡る大声で、原田さんに駆け寄っていったのは、まぎれもないyumi母なのでありました。ひきまくりの原田さんに、なれなれしく話し続ける母・・。
とりあえず、むりやり記念撮影をしてもらい、その場を立ち去りました。
そして、北一硝子館の見学へ行きました。世界のランプやガラス器が一同に集めてあり、とても幻想的で優雅な気持ちになれる所でした。そのあと、yumi母の友達のおすすめの、小樽寿司屋通り(たくさんお寿司屋さんの集まった通り)にある「政寿司本店」へ行きました。さすがに、新鮮でおいしかったですが、値段も上等です。北海道だからって、カニやうにやイクラが安いって訳じゃないんですねぇ〜。(正直な感想・・)おなかもいっぱいになったし、さぁ〜、札幌へ帰りましょう!

その夜、yumiファミリーは「今村組」の演舞をみるため、ススキの会場へ急ぎました。
ススキの会場は、通行止めにした夜の街の中にスポットライトがあたって、その場にいるだけで気分が高ぶってきます。「今村組」目当てといっても、どこのチームの演舞もすごくきれいで、迫力満点です。感心&関心&歓心しまくりの私達・・・。「今村組」の演舞が始まる時には最高のテンションになっていました。またもや、先生の関西人パワー炸裂!!メンバーも朝の時よりも、さらにパワー全開!!
踊り子達の後ろには、踊り山車・太鼓山車が待機しており、「今村組」の数々の大きな旗が風になびいて、その場が、コンサート会場のようになっていました。見ている観客の人達からも、それまでのチームのとはまた違った、盛り上がりや声援がありました。演舞が終わっても会場内にはその場にいた者にしか感じることのない、なんとも言えない余韻が残っていました。yumiは「今村組」の明日のファイナルステージ進出を確信しました。
ススキの3丁目の後は、4丁目での演舞です。私たちも、人ごみの中4丁目に移動しました。
3丁目の時は、絶好のポジションで見ることが出来たのですが、移動した4丁目ではたくさんの人ごみで、見ることが出来ません。そこで、太鼓山車の後ろから少し見えたので、そこから応援する事にしました。すると、今村組のスタッフの方が、「こっち、おいで。」と、よく見える場所へ連れて行ってくださいました。もう、感激〜。(ここでも、うちわのおかげ・・・。)
演舞が終わったメンバーに、「めっちゃ、よかったでぇ〜。」と、声も掛ける事も出来て、もう気分は最高潮!!先生とも、喜びの握手をし、これ以上の贅沢はないなぁ〜。って、思いました。

時間も9時を過ぎてましたが、興奮&幸福で、胸いっぱいのyumiファミリー・・。
昨日誓った、カニ食べ放題どころではありません。近くのコンビニで買い物し、ホテルへ帰りました。(それでも、大満足!!)
その後、yumiの母は一人夜の街へ消えて行き、2時間後ホテルに戻ってきました。
パチンコで2万円勝ち、両手いっぱいのビールを持って・・・・。「冬のソナタ」に間に合うように・・。

さぁ、明日は札幌最終日・・。よさこいファイナルステージ出場チームが決定する日。
飛行機の時間ギリギリまで、よさこい満喫するぞ〜ぉぉぉ!!

後書き・・やっぱり、3部作になっちゃいました。すいません・・。
あと1日、どうぞお付き合いくださいね。最終日も熱いよさこいレポートお送りしま〜す。

必見リンク!
楽空間
ダンスチーム関西京都今村組

▲ページトップに戻る