ここは「Aki&Yumiの突撃レポート/しゅんぎく料理コンテスト&講習会」のページです。


▲Yumi作 しゅんぎくのクッキー・パン・ケーキ

▲Yumi作 佳作受賞!しゅんぎくのシンプルチャーハン

▲審査模様

▲講演会の様子

▲授賞式模様

▲最優秀賞 しゅんぎくのお漬物

▲最優秀賞受賞の森田さん

▲優秀賞

▲優秀賞

▲優秀賞

▲佳作

▲佳作

▲佳作

▲佳作

▲佳作

▲佳作

▲佳作

▲がんばろう会しゅんぎく畑

▲しゅんぎくの収穫を体験?

▲しゅんぎくの収穫を体験?
突撃レポート第4弾!!
しゅんぎく料理コンテスト&料理講演会に、参加しました。

今回は、園部町の特産野菜のしゅんぎくを使った自慢の料理コンテストがあるということで、がんばってチャレンジしてみました・・・・さて、結果は・・・・?!!

やったるで〜!!

3月4日、園部町国際交流会館コスモホールにて、園部町農業技術者会主催の、しゅんぎく料理コンテスト&料理講演会が、開催されました。実は、何を隠そうyumiの実家は、しゅんぎくの栽培農家で、あります!!
日頃から、収穫&出荷の手伝いをしている私は、このコンテストの話を聞いた瞬間から、「よっしゃ〜!!やったるで〜。」と、やる気満々!もちろん、私の母や一緒にしゅんぎく栽培しているおばちゃん達も、やる気満々です。
しゅんぎくの料理って、一般的に考えたらまずは鍋料理や、おひたしです。でも、最近はハウス栽培のおかけで、独特のにおいやアクがないので、生でサラダもOKですし、いろんな料理に使えるんですよ。
そこで、私はしゅんきくを使ったお菓子(クッキー・ケーキ・ムース・パン)と、ぎょうざと、チャーハンの計6品を、出品することにしました。お菓子に使うしゅんぎくは、葉の部分をレンジにかけて、パリパリにして粉にしてから、作りました。粉にすると抹茶のようなきれいな色と、いい香りがします。
出来上がり図・・・・

食の大切さ。

コンテストと同時に講演会もありました。
料理研究家 坂本廣子先生の「もっと食材を生かした料理方法」という内容の講演でした。
坂本先生は、旬の食材の味を生かした料理方法を知って、安心・安全である本物の食材を選ぶ事、そしてそれを子供達に伝えていく大切さについて、お話くださいました。6歳までの子供にきちんと、本物の味を食体験さしてあげることで、好き嫌いもなくなり、食の世界が広がるそうです。おいしい物があるときは、「子供が寝てから・・・」なんて言ってないで、たたき起こしてでも、子供に食べさせてあげてください。って、おっしゃってました。思わず、笑ってしまいましたが、耳が痛い話でした・・・。
あと、今の日本の自給率の低さについての話の中で、唯一自給率が100の%お米も、最近はたべる人が減ってきているというのが現状だそうです。そこで先生は、お米を粉にして、それを使った,料理方法を研究されて、普及推進活動をされいます。天ぷらや、フライドチキンなどは、小麦粉の代わりに米粉(上新粉)を使うと、ぱりぱりに仕上がっておいしくなるそうです。ほかにも、お菓子作りにも合うみたいですよ。
興味がある方は、「国産米粉でクッキング」坂本廣子+坂本佳奈・・著 農文協\1500 で出版されています。

さて・・・講演会の後は、しゅんぎくコンテストの表彰式です。
最優秀賞は、な・な・なんと、yumiの母が、しゅんぎくのお漬物で、受賞しました。
シンプルなものだったので、母もびっくりでした。「しゅんぎく香りや味を生かした、シンプルながらも、いろいろな料理に使える可能性のある、一品です」という、講評がありました。
優秀賞は、しゅんぎくのうどん・しゅんぎくのお寿司3種・しゅんぎくの伊達巻の、3品でした。

佳作紹介!

しゅんぎくと下仁田ねぎのぬた
しゅんぎくコロッケ
しゅんぎくとサトイモの包みあげ
しゅんぎくの生湯葉巻き
しゅんぎくの韓国風サラダ
しゅんぎくの巻物
しゅんぎくのてんぷら

受賞されたみなさんの撮れなくて申し訳ありませんでした。

今回は、すばらしい結果に終わり、大満足でした。しゅんぎくが、もっともっと、世に出回るように、これからも、日々しゅんぎく料理を作り続けて、広めていこうと決意を固めたyumiでした。
(もうすぐ、しゅんぎくの収穫の時期も終わってしまうんですけどね。)

レシピ!!

さて、ここでお待ちかねのレシピ紹介です。

●最優秀賞「しゅんぎくのおつけもの」簡単レシピ
1.しゅんぎくは切らず、塩をまぶしてからめてしばらくおいておく。
2.さっと水洗いし、かたくしぼる。
3. エバラ浅漬けの素(レギュラー)・せんぎりにした土しょうが・ゆずの皮少々としゅんぎくを混ぜて、半日以上漬け込む
* 千枚漬けでまいて、しゅんぎくでむすび、2〜3cmに切ると、またおいしく召し上がれます。

●Yumi佳作のしゅんぎくのシンプルチャーハン レシピ(二人分)
(材料)
 ごはん    ・・・お茶碗 2杯分
 しゅんぎく  ・・・100g(1/2束) 細かく刻む
 高菜のお漬物・・・50g
 人参     ・・・・30g(千切り)
 マヨネーズ・しょう油・塩・こしょう・サラダ油

(作り方)
1. フライパンを熱しサラダ油を入れ、人参をいためる。
2.しゅんぎく、ごはん、高菜、マヨネーズ大さじ2の順に入れ、全体をよくいため、最後に塩・こしょう・しょうゆで味を調える

番外編!!

今日はAkiがYumiたちがいつもがんばっている畑におじゃますることにしました。
しゅんぎくの収穫も終盤にさしかかり、次の野菜を植える準備もしなくては・・ということで、Aki&Yumiの子供たちも一緒に、しゅんぎくの収穫のおてつだいをすることになりました。
おてつだい??いえいえしゅんぎくのとり放題をさせていただいたって感じかな?(^^ゞ
外は小雪のちらつくなかでしたが、ハウスの中はとてもあたたかく快適です。
野菜たちもさぞかし気持ち良いんだろうなあ。
設備も充実していて、感激しながらしゅんぎくをみんなでとらせていただきました。
終盤とはいえ、まだまだやわらかいしゅんぎくがハウス一面です。
今日収穫されたしゅんぎくのほとんどは、道の駅で売られている「しゅんぎくうどん」に使われるそうです。
しゅんぎくはちょっと苦手って方いらっしゃいませんか?実は私もそうだったんです。
あの独特なつんとした香り・・・でもでもハウス産のしゅんぎくは香りも控えめで、とてもやわらかくて食べやすいですよ。しかも無農薬で安心だし。また道の駅に行ったときは買いにいこっと。
我が家の夕食がしゅんぎく三昧だったのはいうまでもありません。
今度はまた他の野菜たちをみにいきたいと思ったAkiでした。野菜もりだくさんの料理もがんばらねば(^▽^;)
いい経験をさせていただきましてありがとうございました

▲ページトップに戻る